osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

仕事に活かせる資格とは?今からでも取る価値のある資格7選!

資格を持っていても活かせていない時や、実際に働いて違うと感じ違う資格を取りたいと考えることもあります。

 

働きながら時間を有効に使い、仕事に活かせる価値のある資格を今から取るには・・・何が良いのか。

仕事の種類により違いはありますが、まずはオーソドックスな資格を取り上げてみましょう。

持ってて損はない資格は?

価値のある資格

MOSMicrosoft Office SpecialistスペシャリストorエキスパートExcelやWord、PowerPointを持っていればアピール力は十分です。

 

ファイナンシャルプランナー

お金に関する専門的な知識を持つので金融機関や不動産等で有利です。

 

TOEICTOEFLは持っていて当然という企業もあり外資系企業ではTOEICは600〜800点以上、TOEFLだと213点以上が基準になります。

 

秘書検定日商簿記検定は最低でも2級は必要で秘書検定1級とTOEICTOEFLの資格があるとアピール力が増します。

 

医療事務や介護初任者研修は細分化されているので、必要とされる資格を十分に調べて取得した方が効率よく取得できます。

 

 

 難しいけど仕事にも役立つ資格、国家資格など合わせて種類は4つ

役立つ資格

常に仕事をしながら知識を高めなければならない種類の資格ですが、人にも役立ち、持っていると自分にも役立つ資格です。

 

司法書士

法人登記や不動産登記、債務整理消費者問題などの

法律相談など範囲が広く、法務大臣の認定を受けた認定司法書士は、

簡易裁判所で弁護士と同様の訴訟活動でき、非常に有効な資格です。

 

●宅地建物取引士

不動産業社は必ず1名以上設置する義務があるので、資格があれば

有利になります。お客様が知るべき事項について説明や不動産の

評価を行い、融資材料の判断もするため銀行でも有利になります。

 

社会保険労務士

企業の社会保険などに関する手続きや労務管理など企業と従業員の

間に立ち、社員教育や企業のコンサルタントなど重要な仕事です。

大企業の総務や人事では有資格者が多いので仕事の幅は増えます。

 

行政書士

役所などの許認可が必要な書類を作成し提出するという仕事ですが、

その範囲はかなり広く、10,000万種類以上あると言われています。

専門的な事が多いので、都度調べ知識を高める必要があります。

 

 

 仕事にも活かせる比較簡単に取れる資格7選 

仕事に活かせる資格

比較的簡単にとれて、すぐ仕事に活かせる資格を簡単に7つ紹介!

 

●登録販売者

薬局やドラッグストアの一般用医薬品の販売をすることができる

国家資格で持っていると非常に有利です。

 

●衛生管理者

50人以上の労働者がいる職場では必ず設置する必要があり、社内の

設備や衛生状態等について管理する必要な人材になります。

 

●アロマセラピスト

内閣府に認定されている運営元のAEAJで資格を取ると信頼性が

高くなり、資格を持っていることが常識になっています。

 

●調理師

比較的難易度も低い割に求人が絶えない調理師ですが、飲食店で

2年以上勤務経験があれば受験できます。

 

●介護事務

通常の事務作業、介護報酬請求や介護に関する手続をしますが、

送迎の仕事が含まれることもあり需要はあります。

 

危険物取扱者

一定数量以上の危険物を貯蔵、取り扱う施設では必ず危険物取扱者

設置する必要があるので、資格があると有利です。

 

証券アナリスト

証券投資の分野で高度な専門知識の分析技術を有し助言や管理等の

サービスを行います。最近、金融業界でよく見る資格です。

 

 

仕事に活かせる資格 まとめ

仕事に役立つ資格

仕事に活かせる価値のある資格を調べてみました。

 

現在置かれている立場や職業により重要になる資格は違います。

 

今後の状況を見極め、仕事の在り方を見据える事も非常に大切で、簡単な資格でも慎重になることをお薦めします。

 

取得する意味のない資格に割く時間程、勿体ないものはありません。

資格ひとつで状況も変わり、能力を活かせることがあります。

 

頑張っている成果がでると嬉しいですね。