osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

ズームって何? ズームの危険性は!? 個人レベルで対策するには何が必要!?

新型コロナウイルスによる自宅待機・外出自粛の影響で、増えてきたのが「テレワーク」「リモートワーク」。

自宅にいながら仕事をする人が増えました。

 

ホント、便利な世の中ですよね(^^)

 

人との接触を減らすため、企業でもオフィスワークから、テレワークへの移行を迫られたわけですが、どうしても一人で出来ないのが「会議」!!

 

そこで必要になってくるのは??

各部署やチームなど、離れた場所にいても、複数でミーティングや会議ができる「Web会議システム」。

映像と音声、それから、チャットのやり取りで、対面と変わらないくらいのクオリティで会議を進行することができるんです(゜o゜)‼

 

「文明の利器」って、こんなのを指すんでしょうw

 

そんなわけで。

一気に利用者が増えたのが…。

『Zoom』

 

いわゆる、WEB会議用のツールです!

 

Zoomとは??どんな時に活用されるの?

f:id:poiuy1477:20200809223427j:plain

 

Zoomとは、「いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議ができるをクラウドサービス」なんです。

 

分かりやすく言うと、複数の人が、離れていても同時に参加することができる「ビデオ・Web会議アプリケーション」です!

 

Zoomを使うことによって、通常なら、参加者が同じ場所に集まる必要があるミーティングや会議を、オンライン上で行なえるようになるんです(・o・)

なので、ビジネスシーンで多く活用されています!

 

「WEB会議と言えばパソコン!」って思いがちですが、『いつでも、どこでも』と謳っているだけに、Zoomでは、パソコンだけではなく、スマートフォンタブレットなど、一般的なデバイスであればインストールできるんです!

 

しかも、マイクやカメラを搭載していない端末であっても、外部機器を接続すれば電話会議、ビデオ会議が可能。

 

さらに、WindowsMacOSAndroidiOSなど、あらゆるOSに対応しているのも特徴!

 

ホント秀逸(*´∀`)

 

でも、こんなふうに注目される一方で、セキュリティに関する問題も起きているんです(+_+)

 

『Zoom』は危ない?安全に使うために、何か対策はあるの?

f:id:poiuy1477:20200809223523j:plain

「使ったことが無いから何か怖い」

とか

「Zoomは危ないと聞いた」

と言う人がいるそうです。

 

確かに、未経験のこととかって、怖さもありますよね!

 

さて、Zoomは本当に会議や講座への参加を諦めるほど、危ないのでしょうか?

 

安全に参加できるなら、それに越したことはないですよね!!

 

実は…。

問題の多くはZoomミーティングの主催者側にあるらしいんです。

 

つまり、会議やミーティングなどに、参加者として利用する時ではなく、主催者となるときに気を付けようって話です。

 

その問題の中で顕著になってきているのが…「Zoom Bombing」

 

Zoom Bombing(ズーム爆弾、ズーム爆撃)」と呼ばれる迷惑行為です。

これはZoom会議に呼ばれてもいない、まったくの他人が、勝手に会議に参加してきて、不適切な動画や画像を画面に共有したり、会議全体に対して嫌がらせをする迷惑行為のことなんです(`´)

呼ばれないのに来るなよ!って感じですが(●`ε´●)

これは、主催者が会議に対してパスワードを設定していない場合、ミーティングIDさえわかれば誰でも会議に参加できてしまうことが原因のよう。

ただ、パスワードを設定していたとしても、パスワードを含んだ会議のURLを不必要に公開してしまっている場合にも、参加者が乱入してくる可能性も…。

 

迷惑な話です(泣)

 

ズームには、

『インスタントミーティングID』

と、

『パーソナルミーティングID』というのがあります。

 

パーソナルミーティングIDは、IDの変更が聞かないため、たくさんのミーティングを開くと、その分IDを知っている人が増えるリスクが…。

 

 

逆にインスタントミーティングIDにしておけば、会議のたびにIDを変えることもでき、いくつかのIDを使い分けることも出来るので安心♪

何かあれば、IDを変更することが出来ます!!

 

見知らぬ人に自分の家を簡単には教えないですよね?

ここでのIDは、住所みたいなものです。

 

たくさんの人に知られるのは、やめましょう!

 

zoomの参加者の注意点

参加者側も気を付けることがあります。

 

まず、『超重要なことは話さない!』

 

他の企業から狙われるような社内の極秘情報だったり、国防に関することだったり。

とにかく、関係ない人に知られたくない話は、避けたほうが良いと思われます。

 

それから、ほとんどの人はそんなことは、ないと思いますが…。

銀行の暗証番号や口座番号だったり、絶対に他人に流れていけないという情報を載せるのは絶対に避けましょう!!

 

これは、どんな通信手段でも一緒ですよね。

ATMの前で暗証番号を口に出したり、メールで暗証番号を送ってはいけないのと同じです。

 

zoomの危険性 まとめ

f:id:poiuy1477:20200809223616j:plain



世の中には、にわかには信じられないくらい、悪いことを思いつく人がいます。

 

何事もですが、自分で自分の身を守れるよう、日頃からアンテナを張り巡らさないとですね!!

安心して利用していたら、突然請求書が・・・。

こんな事が無いようにしっかりとセキュリティには気を配っていきましょうね!