osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

マスクにもマナーがある?冠婚葬祭では無地?白?黒?素朴な疑問解消

マスクは今や手放すことのできないアイテムになりました。

 

ソーシャルディスタンス、マスク、手指のアルコール消毒など、「新しい生活様式」、「ニューノーマル」が根付いてきた昨今。

一時的かと思われていたこの不便な生活にもだんだん慣れてきました。

 

各店舗の入り口にアルコール消毒や検温機があったり、ソーシャルディスタンスの目安となるテープが足元に張ってあるところもありますね。

また、ウィルスブロック力の高いものや、繰り返し洗濯して使えるものなど、マスクも日々進化を続けています。

そこで今回話題になったのが、場面によるマスクの色、特に「冠婚葬祭におけるマスクのマナー」です。

冠婚葬祭時、いったいどのようなマスクを使うのが良いのでしょうか?

 

 

マスクはどうしたら良い?葬儀編

マスクのマナー

最初にニュースで取り上げられたのが、この「葬儀の場合」のマスクに関することでした。

お葬式や告別式などで着る「喪服=黒」ですよね。

その点から、「マスクも黒でなくては!」というニュースが出回りました。

しかし、それって本当なの?と思った方も多いはず。

 

結論から言うと、答えは「×」です。

葬儀で黒マスクを身に付けなくてはいけないというルールはありません

 

今はマスクは常時着用がマナー

 コロナ前のルールだと、喪主や受付の人、及び、お焼香をするときにはマスクを付けていないほうが良いといわれていました。

しかし、何よりも感染しない・感染させないが最優先となるコロナ禍の今は、全員が常時マスクを付けた状態で大丈夫です。

 

マスクのデザインに関しては、白で大丈夫です。

黒である必要はありません。

むしろ、黒いマスクはカジュアルっぽいと捉えられることが多く、ご年配の方なども多い葬儀の場では良い印象受けないこともあるので、黒じゃないほうがよいでしょう。

 

また、お通夜や告別式といった葬儀は予期せぬ事態、「準備」ができませんよね。

いまでこそ、黒やピンクなどの色つきマスクも流通し始めていますが、なかなか手に入りにくいという観点からファッション的と見られてしまうケースもあります。

先ほど述べたように、そういったものをよく思われない年齢層の方もいらっしゃいますし、せっかくの気遣いで喪服に合わせて黒のマスクにしたのに、お叱りを受けてしまっては、自分も気分がよくありませんよね。

なので、マスクは白で大丈夫です。

 

もし白いマスクがない時は・・・

 しかし、時期が時期なので、どうしても白マスクが手に入りにくいという方もいるかもしれません。

そういった場合はお手持ちの色つきマスクでも大丈夫かと思います。

心配な場合は念のため、時間に余裕があれば喪主に一声かけておくか、または相談しましょう。

逆に、もう少し色つきマスクが様々な地域や世代の人に受け入れられるようになったら、葬儀で黒マスクをしても良くなるかもしれませんが、今はひとまずマスクのノーマルカラーである白が無難でしょう。

 

 

マスクはどうしたら良い? 結婚式編


 

ニュースで取り上げられたのは葬儀の場合のみでしたが、せっかくなので結婚式の場合も軽く確認しておきましょう。

 

結婚式は華やかなお祝いの場。

白マスクでも大丈夫ですし、柄マスク、色つきマスクももちろんOKです。

むしろ会場側でも「マスクの着用必須」などとしているところも多いと思うので、必ずしていきましょう。

特に女性の場合は、ワンピースやドレスに合わせて、レースや花柄などのかわいらしいマスクも、コーディネートの一環として身に付けていきましょう。

逆に男性は、葬儀とは逆に、スーツやタキシードと合わせたとしても黒やグレイなどの暗い色は避けたほうがよいかもしれませんね、無難に白で良いでしょう。

 

また、新郎新婦用のマスクをデザインしているブライダル企業もあるので、ドレスやタキシードにあったマスク選ぶことも出来ます。

新郎新婦側で参列者用のマスクケースを用意するのも良いでしょう。

ネットやオリジナルデザインなどで簡単に作れるので、席辞表などのペーパーアイテムと一緒に、お食事の席に置いておくのも一つ楽しみが増えてよいかもしれませんね。

 

 

マスクにもマナーがある? まとめ

最近の傾向として、人が集まるのを避けるために、遠方からお越しの方には葬儀に出席してもらうのをご遠慮いただいたり、披露宴や結婚パーティーをオンラインで行ったりする例もあります。

大切な人を想うからこそ顔を突き合せたい、今は接触を避けたい、考えは人それぞれで、正解は無いと思います。

まだ新しい生活様式のルールは構築途中…。

今のところは、人の集まる場所ではマスクをするという事が最大のマナーです。

今回の「葬儀は黒マスクで!」のように、少し間違った見解が出回ってしまうこともあるかもしれません。

ゆっくりじっくり考えながら、コロナと共存して、安心して暮らしていける世の中仕組みを作っていけるよう、知恵を合わせて考えていくことが今後にとって一番大事な事かもしれません。