osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

GO to キャンペーンに条件はある? お得に使うために知っておきたいこと。

連日テレビやニュースに出てくる『コロナウィルス』。

 

緊急事態宣言後も、収まる気配がなく…(*_*;

 

再び外出自粛が謳われ…今までのように、旅行へ行ったり、県をまたいでの自由な移動というのが、難しい日々が続いていますよね('・ω・')

 

そんな中、流行が収束した後を見据えて計画された「Go To キャンペーン事業

 

観光業や飲食業などの、落ち込んだ経済の回復、需要喚起、地域の活性化に向けた国を挙げての事業です。

 

かつて、災害等によって、旅行客が減少した地域の活性化のために行われた「ふっこう割」と同じような施策なんですが、今回は日本中を対象としていて、これまでにない予算が充てられてるんです♪

 

 これまでの復興割の事業規模は数十億円でしたが、今回は一兆7千億円を超えるそう!

なので、相当大規模なキャンペーンであることが分かりますよね!!

 

 特にトラベルに関しては当初8月くらいからと言われていたけれど、前倒しで7月22日からスタートしていますが、コロナが収まらない今、疑問視もされてます…。

 

 

そもそもGo To キャンペーンとは?旅行だけなの??

GoToトラベルキャンペーン

さて。

ゴートゥトラベルばかりが注目されがちですが、そんなGo To キャンペーンは大きく分けて4つあるのをご存じでしょうか?

意外と知らない方も多いと思うので、おさらいしておきましょう!

 

旅行代金等を補助してくれるGo To Travel キャンペーン

 

こちらは、名前を見ただけでわかりますよね( ´∀`)

その名の通り旅行代金への補助です!!

 

飲食代金等を補助してくれるGo To Eatキャンペーン

 

こちらは、「Eat=食べる」

なので、飲食店を予約して利用した方に、飲食店で使えるポイントを付与したり、プレミアム付き食事券を発行したりして、飲食業関連の需要喚起を図るキャンペーンです!

 

オンライン予約サイト経由で予約・利用した方に、1人あたり最大1,000円分のポイント等を付与。

そして、プレミアム付き食事券には2割分を割引するというものです!

単純な計算だと、1000円のランチを食べるときに、200円のコーヒーが無料でついてくるって感じでしょうか(≧▽≦)

 

イベント代金等を補助してくれるGo To Event キャンペーン

こちらはまだメドが立っていませんが、イベントをするにあたってそのイベント自体を補助しようというものです。

イベント参加料をポイントバックするとか、入場料自体を補助するという事ですが、イベントの再開が不透明な為、実現時期は未定のようです。

 

 

商店街支援等を行うGo To 商店街 キャンペーン

この企画もまだ実行ができない状況のようですが、キャンペーンの内容としては補助的な商品割引券。買い上げに応じて配布される商品券などになるようです。

対象は地域密着型の商店街という事ですが、住み分けが難しいですよね!

 

 

Go To キャンペーンの魅力お得に使うためには??

GoToキャンペーンをお得に


  Go To トラベルキャンペーンの魅力は、何といっても、『旅行代金が実質半額になる!!』ということ^_^

 

旅行に半額で行けるというなんて、一生のうちに一度あるかないかの割引率!!

「半額で国内旅行に行けるなら、遠い沖縄か北海道か・・。

うんと贅沢な旅行を(*´∀`)」

なんて考えている人も多いんじゃないでしょうか?

 

でも、「旅行代金半額」には上限があるのです。

その上限とは、「最大20,000円」。 

(日帰り旅行だと、10000円が上限です)

 

なので、1泊2日で40,000円を超える旅行だったら、20,000円が上限となるわけです。

20,000円でも、かなりありがたい話ですが、1泊当たりの旅行代金が高ければ、当然割引率は減ってしまいますよね(*_*;

 

そして、最大20,000円の割引、実は…全額を旅行代金に使えるわけではないんですねー。

 

GoToキャンペーンの特徴!すべてが割引にならない!?

 

補助額のうち、70%が宿泊や日帰り旅行の割引になり、残り30%は観光地周辺の登録加盟店(地域産品・飲食店・観光施設など)で利用できる地域共通クーポンの発行になります。

それによって、観光地全体の消費を促すことが目的になっているわけです。

 

ホームページに詳しく載ってました!
わかりやすく解説すると・・・

 

 1人1泊2万円の宿泊代金の場合

 

①旅行代金2万円のうち最大50%(1万円)を補助

 

補助金(1万円)のうち、70%(7千円)を旅行代金から割引

 

補助金(1万円)のうち、30%(3千円)の地域共通クーポンを付与

 

=旅行代金は1.3万円(2万円-7千円)、3千円の地域共通クーポン付き

 

 

つまり。

 

 旅行代金として最大半額補助ではなく、クーポン代金と合わせての支援額となるわけです!

 

最大2万円の補助なので、「1人1泊10万円の場合」は、補助金額は旅行代金の半額の5万円ではなく、1泊の上限である2万円が支援額となりますね(^^)

 

 

そう考えると、旅行代金40,000円の場合が、「最大半額」20,000円の補助が受けられるので、お得感を得られる気がしますね!!

ただし、旅行代金から割引できるのは70%の14,000円。

残りの30%の6000円がクーポンです!

 

「40,000円の旅行を予約したのに、割引が14,000円しか割り引かれない!

話が違う!」

なんて思わないように、お気をつけくださいませ〜。

 

ちなみにGoToイベントの場合は

GoToイベントキャンペーン

Go To Eventキャンペーンは、チケット会社経由で、期間中のイベントやエンターテイメントのチケットを購入した方に、2割相当の割引またはクーポン等を付与することで、需要喚起を図るキャンペーンです。

 

 イベントやエンターテイメントの一例として、音楽コンサート、伝統芸能、演劇、美術館、博物館、映画館、遊園地、スポーツの試合観戦、スポーツイベントなどが対象になります。

 

 具体的なイメージとして、チケットぴあで5,000円のライブチケットを購入する場合。

 

①2割引の4,000円で購入できる

②2割に相当する1,000円分のクーポンが貰える

③2割に相当する1,000円分のポイントが貰える、といった3パターンを想定しています。

 

商店街等への誘客や、商店街等での購買に繋がるイベントなどの取り組みを支援することにより、商店街等による需要喚起を図るキャンペーンです。

 

商店街あたり最大300万円を上限として支援、商店街等が広域でプロモーションする場合や、観光商品開発等を実施する場合は最大500万円を上乗せ可能としています。

 

GoToキャンペーンの条件とお得に使うためには? まとめ 

GoToキャンペーンの条件は

いろいろとわかりにくい事の多いGoToキャンペーン。
とりあえずは4つの事業があるのは知っておいて損はないです。

 

何かと取り上げられる機会の多いGoToトラベルキャンペーンですが、蜜を避けるような旅行ができるなら、経済の活性化には良いとは思いますが、個人でしっかりと対策が出来ないのなら、避けるべきとも思います。

 

観光業を始めとして、飲食業やイベント関係の業種も大打撃を受けているので、何とかこの事業を円滑に進める施策というのが重要になってくるのは間違いないですね!

 

何より、GoToキャンペーンを利用することは、消費者にとっても企業にとっても有益になることは解っているはず。

今後の展開方法に期待したいところです。