osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

レジ袋有料化で増加のマイバッグ。衛生的なバッグのお手入れ方法は?

7月1日より、プラスチック製買物袋が有料化しました。買い物時にレジ袋をもらうには、数円を払い購入しなければなくなりました。

 

そしてそれに伴い、マイバッグが必須アイテムとなりました。

 

実際これを機に、マイバッグを新調したり購入したりしたという人も多いのではないでしょうか?

 

デザインや素材にこだわることもでき、なかなか楽しいマイバッグライフですが、今このマイバッグに関して心配されていることがあります。

 

それが、「衛生問題」です。

 

あまり注目されづらい、マイバッグの汚れ。毎日繰り返し使われるものなので、定期的に洗う必要があるのをご存知でしょうか?

 

そこでここでは、マイバッグのお手入れ方法についてご紹介します。

 

半数以上が「洗ったことがない」!?マイバッグの衛生問題

マイバッグの衛生

レジ袋有料化になってから急増したマイバッグユーザー。

 

驚いたことに、その半数以上が、購入してから一度も「洗ったことがない」と回答しているのです。

 

ただ買ったものを詰めて持ち帰るだけなら、汚れないのでは?と思う人も多いはず。

 

しかし、意外と食物の汁や野菜の泥など、マイバッグには汚れが溜まりやすいのです。そしてそれを放置すると、雑菌が繁殖したりカビが生えたりといった状態に。

 

そして最悪の場合、食中毒などを引き起こしかねません。

 

そうした事態を避けるためにも、日頃からお手入れをしていきましょう。

 

すぐに取り入れたい!マイバッグのお手入れ方法

マイバッグ除菌

様々な素材のマイバッグが販売されていますが、主にナイロン素材、コットン素材が使われていることが多いです。

 

そこで、まずはナイロン素材とコットン素材のマイバッグのお手入れ方法をご紹介します。

 

素材によっては、家庭で洗えないものや色落ちしやすいものなどがあるので、取扱表示を確認しましょう。

 

もし、ここまで時間をかけて洗うのが大変という方は、除菌スプレーなどで軽く拭き掃除をするだけでも効果的です。

 

ナイロン素材の場合のお手入れ


① 洗面器に洗濯用洗剤を20mlほど入れ、ぬるま湯を入れながら泡立てます。

 

② 洗面器に10分ほどエコバッグをつけ置きします。
※つけ置きをしすぎると、エコバッグの色落ち原因になりますので注意しましょう。

 

③ 汚れが目立つ部分は、歯ブラシでエコバッグをやさしくこすって洗います。
※強く擦りすぎるとエコバッグの生地を痛めてしまいます

 

④ 汚れを揉み出すように、水の濁りがなくなるまで流水で流しながらエコバッグをしっかりすすぎます。

 

⑤ エコバッグを水が落ちないくらいに絞ります。

 

⑥ エコバッグの形をしっかり整えて、陰干しします。

  

コットン素材の場合

エコバッグ生地の網目に溜まった汚れは、柔らかなブラシやタオル等で掃いましょう。ブラシなどの代わりに、プラスチック消しゴムも代用出来ます。

 

生地の劣化などから、なるべく水洗いをしない事が望ましいですが、ブラッシングで取れない汚れがエコバッグにある場合には手洗いをします。

 

① 洗濯洗剤を薄めた液をブラシにつけてエコバッグの汚れを掃います。
食べ物の汚れ部分には、食器用の中性洗剤を薄めた液をブラシにつけて擦ると
きれいに落ちます。


② 水で洗剤を流し、生地のシワをよく伸ばしたら、エコバッグを逆さにして陰干しし   

ます。
エコバッグの底が広い物は、四隅を挟んで乾かすと、形が崩れにくくなります。

 

 

マイバッグのお手入れ方法 まとめ

マイバッグお手入れ

以上、マイバッグのお手入れ方法についてご紹介しました。

 

マイバッグの汚れは、意外と見過ごしやすいもの。しかし、同じマイバッグを毎日使いまわしていると、かなり不衛生になりがちです。

 毎日洗うのが難しくても、意識的に汚れをふき取ったり、除菌したりする必要があります。

 

レジ袋有料化の真意は、使い捨ての袋が減らすことで、地球環境の保全につなげようというものです。エコバッグを使うのはとても良い事ですが、このご時世なので様々な菌から自分を守るという事も大切です。

 

ぜひ、日常の習慣にマイバッグのお手入れを取り入れてみてください。