osiete’s blog

調べておきたい情報満載のブログ

コーラに含まれるカフェインは授乳中には良くない?赤ちゃんへの影響は

「ママの食べたものは母乳を通して赤ちゃんに伝わります」

 

特に授乳中の赤ちゃんがいるときにそんなことを言われたら、普段食べたり飲んだりすることも躊躇してしまいますよね。

 

そんな中でも、カフェインは赤ちゃんを興奮させる作用があるだけに、授乳中は摂取量に気をつけたいものです。

 

コーヒーだけでなくコーラや紅茶にもカフェインが含まれています。

 

あまり我慢するのも体に良くないので、授乳中のママが1日に摂ってよいカフェインの目安をコーヒー、紅茶、コーラ別にまとめました('ω')

 

カフェインの他にも授乳中のママに気を付けて欲しいことをご紹介しますね。

 

授乳中のカフェインの適量は?コーヒー、紅茶、コーラで比較

コーヒー、コーラ、紅茶

ママがコーヒーを飲むと、その中に含まれるカフェインの約1%が赤ちゃんの体内に入ります。

 赤ちゃんがカフェインを摂取すると、【不眠・興奮】などの症状が起きやすくなるといわれています。

 

そしてカフェインの1日の摂取量の目安としてWHO(世界保健機関)は300mgを推奨しています。(一般的な健常者の数値を参考にしています)

 

えっ、コーラ?と思われたかもしれませんが、なんとコーラにもカフェインが含まれています。

 

基本的に、紅茶に含まれるカフェインはコーヒーの約半分です。

 そして、コーラに含まれるカフェインは紅茶の約3分の1です。

 

分かりやすくするためにコーヒー、紅茶、コーラなら1日にどれくらい飲めるのか換算しました。(授乳中の場合は、この数値の3分の1程度にしましょう)

 

◉コーヒー コーヒーカップに2〜3杯

 

◉紅茶 ティーカップに4〜6杯

 

◉コーラ 500mlのペットボトル3本

 

※紅茶のカフェイン量はコーヒーの約半分のため、理論的には4〜6杯になります。

 ただし紅茶には利尿作用があるため、コーヒー同様に2〜3杯を目安にすることをおすすめします。

 

意外と普通に飲めるという印象ですよね!

飲みすぎなければ普通に1日1~2杯は飲むことができそうです。
(個人的には紅茶がおススメですホットもアイスもOKなので)

 

コーラには糖分が含まれており、身体も冷やすため飲み過ぎないようにするのが良いです。 冷たい飲食物を摂りすぎると血行が悪くなり、母乳の出も悪くなってしまいます。

 

どうしてもコーラが止められないのであれば、体が冷えない程度に抑えておくのがおすすめです。

 

他にも授乳中に気を付けるべきことは?

授乳中に気を付ける事


 

授乳中はカフェイン以外にも気を付けるべきことがあります。

 

アルコールは飲まない

 

カフェインを含む飲み物は量に注意すれば、授乳中でも飲むことができます。

 しかしアルコールは少量でも飲まない方が良いです。

 

ママの体内のアルコール濃度と同じ濃度で母乳にも入ってしまうためです。

 赤ちゃんは臓器が未熟なためアルコールを分解することができません。

 

その結果、脳や身体の発育が遅れるリスクがあります。

 

脂質や糖分を控える

 

私が子育てをしていた時、母から『さっぱりしてバランスの良い和食を食べるよう』にとよく言われていました。

 ピザやフライドポテトを無性に食べたくなり、好きな食べ物ばかり食べていたんですよね(^^;)

 

脂質や糖分を摂りすぎるとママの血液がドロドロになるため、母乳の質も悪くなります。

 最悪の場合、乳腺が詰まって乳腺炎になるリスクも高まります。

 

乳腺炎になると38度以上の高熱や頭痛、関節炎なども出て非常に辛い思いをしなければならなくなるので、ほどほどにしましょう!

 

カルシウムを含む食材を意識して食べる

 

個人的な話ですが、出産と授乳を経て歯が弱くなったなと感じていました。

 女性は出産と授乳で大量のカルシウムを奪われてしまいます。

 歯の調子が悪くなったり、骨がもろくなります。

 

牛乳やイリコ、ひじきなどカルシウムを豊富に含む食材を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

 

コーラのカフェインは授乳中には良くない? まとめ

コーラ授乳中

カフェインの取り過ぎは 授乳中に気を付ける事のひとつですが、それほど神経質になることはありません。

むしろ栄養バランスや、アルコールを控える事など、健康的な生活を送ることの方がより大切なことです。

 

授乳中はカフェイン摂取量をはじめ、食生活に気をつけましょう。

 

コーラはコーヒーや紅茶ほどではありませんがカフェインを含みます。

 ですが、普通に飲む分には気にするほどではありません。

 

しかしコーラにはたっぷり砂糖が含まれており、身体を冷やすため体が冷えない程度に抑えることをおすすめします。

 

ママが健康なら、赤ちゃんも健康に育ちますよ!